2022年度日本近代文学会関西支部春季大会 ポスター

2022年度関西支部春季大会は、オンライン上(zoomウェビナー)で大会を実施します。 → 終了しました。

 

・春季大会発表資料

自由発表

河内美帆「第三次『新思潮』創刊号と出発期の豊島与志雄」

西田正慶「戦中派世代の殺人」

松山哲士「筒井康隆「東海道戦争」論」

特集

八原瑠里「森鷗外と横光利一」

坂崎恭平「〈あそび〉としての文学」

林正子「〈Resignation〉の創作力」

 

総会資料

 

2022年度日本近代文学会関西支部春季大会 特集企画 

特集 鷗外をひらく 森鷗外没後一○○年

[企画要旨]

二〇二二年、森鷗外は没後一○○年(生誕一六○年)を迎える。これを機として、本年度の春季大会では、「鷗外をひらく」と題した特集を組み、現代小説から歴史小説、史伝、詩歌、戯曲、評論、日記、翻訳と幅広い創作活動を続けた森鷗外の文学に新しいメスを入れ、アクチュアルな鷗外文学の意義に迫りたい。たとえば、一見すると身勝手な男の述懐とも読める「舞姫」や、大逆事件に批判的な小説を発表する傍らで陸軍軍医総監に上り詰めて権力の側に立つアンビバレントな文学者の姿は、現代において、どのように捉えなおし、評価することができるだろうか。教育現場に目を向ければ、〈森鷗外〉は文豪という権威性の記号であるが、一方では、国語教科書からは鷗外の作品そのものは消えつつある。そのような教科書の鷗外の現状は、どのように考えられるだろうか。後続の文学に影響の大きい鷗外と他の重要な文学者との関係を今日あらためて問いなおすことで、鷗外文学のまだ見ぬ相を照らし出せはしまいか。没後一○○年(生誕一六○年)を好機として、現在もなおさまざまな可能性をはらむ鷗外文学を新しい視点から繙読したい。

そこで、本特集では、まず弓削商船高等専門学校の八原瑠里氏に「森鷗外と横光利一―「国語教育」を視座として」と題し、国語教育の観点から鷗外と横光を比較することで、言葉に対する両者の問題意識についてご発表いただく。次に同志社大学の坂崎恭平氏に「〈あそび〉としての文学―二葉亭四迷から考える中期の諸作品―」と題し、鷗外の短篇「あそび」を取り上げ、二葉亭と鷗外のモティーフの共有から鷗外文学を今日にひらく可能性についてご発表いただく。最後に岐阜大学の林正子氏に森鷗外「〈Resignation〉の創作力―「鷗外文話」から史伝まで―」と題し、〈Resignation〉を鍵語として初期から後年まで通底する鷗外の思想的な基盤についてご発表いただく。会場からの質疑を受けて、鷗外文学を現代にひらく活発な議論を行いたい。

 

[発表要旨]

森鷗外と横光利一―「国語教育」を視座として

八原 瑠里

森鷗外は、日本文学を代表する作家であり、長きにわたり国語の教科書に作品が掲載されている。

本発表では、この「国語」あるいは「国語教育」を新たな視座として、横光利一という世代の異なる作家を補助線に、「森鷗外をひらく」試みをしてみたい。

横光は、親子ほど年齢が離れた鷗外の作品をどのように受容・評価しているのか。「河北新聞」(一九三三・六・九)では「日本の国語の美しさを充分に表現してゐるとお考へになるやうな作品は?」という問いに鷗外の「雁」を挙げている。先行研究では、座談会「新しい横光像を求めて」(『解釈と鑑賞』、一九八三・一〇)で、井上謙が横光の「笑はれた子」に鷗外訳のフレデリック・ミストラル「蛙」からの影響を示唆した。そして、宮口典之は「森鷗外と横光利一」(『森鷗外論集 出会いの衝撃』、新典社、一九九一・一二)で、横光の「純粋小説論」以降の作品と「雁」における表現の共通性を指摘した。このように横光は鷗外の文学を高く評価し、その文学性にも共通点が多くみられる。

その一方で、二人が受けてきた「国語」の教育には相違点がある。藩校で学んだ最後の世代であり、「国語」の立ち上げを見守った鷗外と、最初に国定教科書を用いて「国語」を学んだ世代の横光。ここでは、言葉に対する二人の問題意識に焦点化し、その共通性を探っていきたい。世代の離れた作家の共通性を探ることは、それぞれの特徴だけでなく、日本文学に通底する意識を再考するきっかけになるのではないかと考えている。

 

〈あそび〉としての文学―二葉亭四迷から考える中期の諸作品―

坂崎 恭平

「文学は私には何うも詰らない、価値が乏しい。で、筆を採つて紙に臨んでゐる時には、何だか身体に隙があつて不可。遊びがあつて不可。どうも恁う決闘眼になつて、死身になつて、一生懸命に夢中になる事が出来ない。」―晩年の長谷川辰之助・二葉亭四迷はそう述べている(「送別会席上の答辞」一九〇八・七)。「国際問題」―平たく言えば、〈文学〉に対する〈政治〉―を主眼とする彼は、その一年後にベンガル湾上で客死し、多くの文学者がその死を悼んだ。

追悼文集とも言うべき坪内逍遙・内田魯庵編『二葉亭四迷』(易風社、一九〇九・八)には、鷗外もまた一文を寄せている。前年自身のもとを訪れた際、「暫く話してゐたが、此人の口からは存外文学談が出ないで、却て露西亜の国風、露西亜人の性質といふやうな話が出た。」という鷗外の回顧には、二葉亭が文学に「一生懸命に夢中になる事が出来ない」・「遊びがあつて不可」、という彼の自己認識が反映されていると言えるだろう。

同時期に書かれた鷗外の短編小説「あそび」(『三田文学』一九一〇・八)は、コンテクストこそ違えど、〝〈あそび〉としての文学〟というライトモティーフを、二葉亭と共有している。官吏であり文学者でもある主人公・木村は、文学を「遊びの心持」でやっていくと揚言する。「筆と爆裂弾とは一歩の相違があるばかり」と云う二葉亭と比べれば、木村の心持ちは多分に軽い。「国際問題」に対して真剣であるがゆえに文学に夢中になれない二葉亭と、そもそも「真剣も木刀もない」木村―同時期の鷗外の文学を、両者のいわばハイブリッドとして捉えることで、その可能性の一端を切り拓くことを試みたい。

 

〈Resignation〉の創作力―「鷗外文話」から史伝まで―

林 正子

鷗外の随筆「予が立場」(『新潮』第一一巻第六号 一九〇九年一二月)で用いられたドイツ語「Resignation」は、漱石晩年の「則天去私」を連想させる、鷗外の心境を表現する言葉として知られる。「諦念」という日本語では表現しきれないとされ、時にフランス語「résignation」と表記される「Resignation」は、おもに鷗外の陸軍軍医総監時代の作品に見られるが、文学活動の初期から最晩年にいたるまでを貫流する鷗外文学の基調を表現する鍵語であると考えられる。今回の報告では、自明のようでありながらその実質は必ずしも分明ではない鷗外の「Resignation」の内実に迫ることをめざしている。

具体的には、『柵草紙』第二〇号(一八九一年五月)に「鷗外文話」の総題のもと掲載された一一編(うち六編の初出は、「舞姫」「うたかたの記」と同年の一八九〇年『國民新聞』『日本之文華』)など創作活動最初期の作品から、一九一六年四月陸軍省辞職、予備役編入後の「澀江抽斎」(『大阪毎日新聞』『東京日日新聞』一九一六年一月〜五月)はじめ一連の史伝作品にいたるまでを通底していると考えられる、鷗外文学の思想的基盤について考察する。

「鷗外文話」「其十、小説中人物の模型」の「わが小説を作るときは、いまだ先づある理想を得て業に就きしことなし。われは必ず先づ實在の人物を得るなり。さてこの人物に適ふやうなる性質次第に集まりて、遂にその一身に融合す。われ生れながらにして空に憑りてものを見出す能少し。故に先づ堅き地を得し上ならでは、自在に運動すること能はず。」などの記述を糸口として論を展開したい。

 

〈ゲスト発表者プロフィール〉

林 正子

神戸大学大学院文化学研究科単位修得退学後、岐阜大学教養部講師・助教授を経て、地域科学部教授。ハイデルベルク大学、ライプチヒ大学客員教授。二〇二一年、岐阜大学を定年退職。現在、岐阜大学名誉教授。主著として『博文館「太陽」と近代日本文明論―ドイツ思想・文化の受容と展開』(勉誠出版 二〇一七年)など。

2022年度日本近代文学会関西支部春季大会 自由発表 発表要旨

第三次『新思潮』創刊号と出発期の豊島与志雄―同時代の文学潮流を視座に

河内 美帆

豊島与志雄は、第三次『新思潮』創刊号(一九一四年二月)に「湖水と彼等」を発表し、作家としての一歩を踏み出した。同作を皮切りとした創作がほどなく既成作家の目に留まり、豊島は新思潮派のなかでいち早く文壇に躍り出る。それを後押ししたのは、当時の自然主義文学の牙城である『早稲田文学』の中枢を担う中村星湖や吉江孤雁といった文学者であった。

早稲田派から高い評価を得たのは、豊島作品が当時の自然主義文学に通底する象徴主義・生命主義的な傾向を共有していること、それらの理念と密接な関係を持つ神や生命の問題、また自然描写を随所に織り込んでいることに由来すると考えられる。そして、それはひとり豊島のみではなく第三次『新思潮』創刊号に寄稿した他の同人たちに共通する傾向でもあった。新思潮派は、芥川龍之介や菊池寛を典型として、反自然主義的な性格を持つというのが通説とされている。だがそうした通説の内容は、いまや再検討されなければならないだろう。

本発表では、処女作「湖水と彼等」の他に、豊島の出世作となった「恩人」「犠牲」について考察する。出発期を代表するこれら三作には、流行思想としての象徴主義・生命主義を作品に取り入れながらそれらを反転させるという試みを見て取ることができる。第三次『新思潮』創刊号の性格と早稲田派との関係を視野に入れながら、こうした試みの中に潜む豊島の批評性を明らかにすることが、本発表の狙いである。

 

戦中派世代の殺人―坂口安吾「復員殺人事件」と高木彬光「樹のごときもの歩く」

西田 正慶

坂口安吾「復員殺人事件」(『座談』四九・八~五〇・三→『宝石』五七・八~一一)は、作者の死により未完に終った長篇ミステリ小説である。荒正人と江戸川乱歩の推挙により、高木彬光が解決篇を補い、「樹のごときもの歩く」(『宝石』五七・一二~五八・三)として完成させた。

奥野健男は、戦後社会の既成価値や人倫の壊乱についての描写を評価したが、それ以来、本作に関する論考に目立ったものはない。しかし、安吾が遺した作品の結末を高木が改変した点は注目に値する。昭和二二年、小田原に闇稼業で財を成した一家を舞台に作品は展開する。当初、安吾が登場人物の美津子(二二)の単独犯行として構想していた筋書きに、高木は兄・定夫(二五)の関与を加えた。高木は〈戦中派〉の人間による凶行という要素を作品の核に据えたのである。

補筆によって生じたこのズレは、世代論に関する安吾と高木の認識の差異を際立たせる。安吾の批判意識は、アプレ・ゲール青年=戦後派の特質を規定した『近代文学』派の言説に向けられていた。他方高木は、「戦後は終った」という認識の下で台頭した後続世代を、戦中派の立場から批判的に捉えていた。

本発表では、「復員殺人事件」および「樹のごときもの歩く」の合作という成立過程に照準することで、坂口安吾と高木彬光が、いかに自らを取り巻く世代論的言説と対峙したかについて考察する。作品の読解を通して、両者が「実感」にもとづき無意識に受け入れた世代論的なバイアスを相対化していることを明らかにする。

 

筒井康隆「東海道戦争」論―戦争体験の風化と当事者意識の欠落―

松山 哲士

筒井康隆「東海道戦争」(『SFマガジン』一九六五年七月)は、情報の行き違いが原因で、大阪と東京が戦争をする短編小説である。石川喬司(一九六六)は、本作の戦争が、D・J・ブーアスティンの提起する、マスコミが出来事を創造する「疑似イベント」に関連すると指摘した。また、内田友子(二〇〇七)は、「疑似イベント」が野次馬を巻き込み、「戦争のイメージ」と現実とがすり替わる様を論じた。その他に先行論は、戦争の喜劇性やドタバタ性に言及した。しかし、本作の主要な登場人物が、戦争体験のない若者であることに注目した論はない。

本発表は、本作の若者が、戦争映画に影響を受けて戦争に憧れている点に着目する。この作中の若者像は、当時の実際の若者が、架空の戦争映画から戦争に「カッコいい」印象を抱いていたという傾向が関係する。筒井はそのような実在の若者の動向を捉え、「カッコいい面」や「ドタバタ的な面」を無視して戦争像はつかめないと述べ、作中の若者像に反映させた。だが、本作品の主要なテーマは、安全な環境から他人事として戦争を見、戦争を「カッコいい」と感じていた若者が、戦争に関与した途端、悲惨な運命をたどるところにある。戦争は誰の意志も介入できず、自らの命や身近な人の命を脅かすことを、「おれ」を含めた主要人物全員の死をもって描出するのだ。

以上より、本作は、憧れた戦争に翻弄される若者の姿を描くことにより、戦後二〇年当時における戦争体験の風化と、戦争への当事者意識の欠落を風刺したと論じる。

【重要】2022年度関西支部秋季大会について

2022年度の支部秋季大会は、10月22日(土)・23日(日)の全国大会(同志社大学)内での開催を予定しております。
関西支部では、秋季大会の自由発表を、下記の通り募集いたします。
(「会報」35号の内容からは、訂正がございます。必ず、下記の要領でご応募ください。)

【個人発表】
①発表題目、②発表要旨(800字以内)、③これまでの研究史における本発表の意義(400字以内)を、関西支部事務局宛にお送りください。発表は他学会等で未発表の内容に限ります。また、応募時に関西支部の会員であることが必要です。発表時間は30分程度です。
※ 発表要旨には、(応募段階における)結論までを書いてください。

【締切り等】
応募の締切りは、6月15日(水)です。関西支部事務局宛に普通郵便(締切日必着)、もしくはメール(kindaikansai[a]gmail.com)でお送りください。なお、どちらの場合にも、必ず連絡の取れるメールアドレスと電話番号をお知らせください。

会員のみなさま、どうぞふるってご応募ください。

〒631-8501 奈良市帝塚山7-1-1
帝塚山大学文学部 西尾元伸研究室内
日本近代文学会関西支部事務局

2021年度秋季大会

2021年度関西支部秋季大会は、オンライン上(zoomウェビナー)で大会を実施します。

ご参加にあたっては、関西支部より送付いたします「会報」34号、もしくは本サイトのご案内をご確認いただき、「事前登録」の手続きを、インターネット上にて事前にお済ませいただきますようお願いいたします。

なお参加を希望される会員外の方は、問い合わせフォームから、資料閲覧用のパスワードを申請していただきますようお願いいたします。

 

2021年度日本近代文学会関西支部秋季大会 小特集企画 

小特集企画「児童文学研究と文学館」

〔企画趣旨文〕

 文学館や資料館の役割は、関連図書や貴重資料の収集、保存のほかに、資料の発掘、調査研究、そして、それらの資料体を活用することにある。展示やワークショップなどを通じて、資料体の豊かな世界を人々に開くことは重要な役割である。

 しかし、近年、地方自治体の財政状況、もしくは、事業統廃合の影響をうけ、文学館や資料館をめぐる状況は厳しさを増している。また二〇〇三年の地方自治体法一部改正によって効率重視の指定管理者制度が導入され、プロフェッショナルな知の継続が危ぶまれている。

 我々文学研究者の研究活動は、文学館や資料館の資料蓄積の恩恵の上に成り立っており、現在、文学館や資料館の抱える問題は、今後、研究へも大きな影響を与えるだろう。

 今回の小特集では、こうした文学館や資料館の現状を踏まえた上で、児童文学館に焦点を当てる。二〇二一年関西支部春季大会では新学習指導要領の実施をふまえ国語教育における芥川龍之介「羅生門」の小特集を行った。児童文学館とは、上記の文学館や資料館の役割のほかに、教科書と同様に、文学と出会う場を子どもたちに提供し、次世代の文学の担い手を育てる場でもある。

 本小特集では、まず、大阪国際児童文学振興財団(IICLO)理事長・宮川健郎氏に「大阪国際児童文学振興財団の一〇年と児童文学研究の新しい可能性」と題して、大阪国際児童文学振興財団一〇年の歩み、「児童文学研究」とは何かについてご講演いただく。

 そして、岡野裕行氏(皇學館大学)と森本智子氏(甲南女子大学)にご登壇いただき、講演者を交えて「児童文学研究と文学館」に関するラウンドテーブルを行う。ラウンドテーブルでは、まず、児童文学館の現状と課題を検討する。そこから、児童文学研究における児童文学館の役割や、さらには、文学館や資料館と社会・教育との連携など、さまざまな観点から文学館や資料館をとりまく課題や可能性を議論していきたい。

〔講演要旨〕

宮川健郎

 大阪国際児童文学振興財団は、かつては大阪府立国際児童文学館の運営母体でした。二〇一〇年三月、吹田市万博公園内にあった大阪府立国際児童文学館が廃止されました。国際児童文学館の資料は、東大阪市の府立中央図書館に移動し、同年五月、同図書館内に新たに国際児童文学館がオープンしました。図書館とは別の入口のあるスペースで、約八三万点の資料は、そこで引きつづき閲覧できます。私たちの大阪国際児童文学振興財団も、同年四月に、やはり同図書館内に事務所を移して、新・国際児童文学館を支援してともに資料収集にあたり、研究および国際的な活動をつづけています。

 今回は、大阪国際児童文学振興財団が再スタートしてから一〇年間、どのように考えて仕事をしてきたのかをお話ししながら、児童文学研究における「資料」の意味を量ります。いや、そもそも、「児童文学研究」とは何をすることなのか、何をしてきたのか、歴史的な経緯もふくめてお話ししてみたいと思います。

2021年度日本近代文学会関西支部秋季大会 自由発表 発表要旨

三好達治の四行詩―同時代俳論の影響に注目して―

武久 真士

 三好達治の詩集『南窗集』(椎の木社、一九三二)などに収録されている四行詩については、従来俳壇の写生論やフランスの詩人ジュール・ルナールの影響が注目されてきた。特に俳論の影響に関しては詳しく論じられており、『ホトトギス』派の花鳥諷詠論を三好が取り入れていたとの指摘がなされている。しかし、同時代の俳論を詳しく調査すると、そこで述べられているのが単なる花鳥諷詠の写生ではなく、詠者の主観と対象が密接に結びついた主客合一の境地を目指したものであることが見えてくる。本発表ではそれを踏まえ、三好が四行詩においてそうした俳論をどのように活用しているのかを分析する。三好は主客合一的〈写生〉を語り手〈私〉と風物の重ね合わせという表現の面に生かしており、そうした詩法は彼の詩論を実現することにもつながっているのである。三好は「詩歌と科学」(『科学ペン』一九三七・一)などの詩論において、読者が詩を読むことを通して詩人の「調和感覚を喚起し再現する」こと、つまり詩人の感覚と読者の感覚が重なることの必要性を主張している。主客合一的〈写生〉が応用されることにより詩で読まれた対象と詩そのものが重ねられ、その結果表現という面において風物を詠む詩人と詩を読む読者までをも重ねることが可能となったのである。三好は西欧流の四行詩(カトラン)に俳句の〈写生〉を組み合わせることで、独自の定型詩を作り上げたのだと言える。

2021年度日本近代文学会関西支部秋季大会 パネル発表 趣旨文

雑誌『小天地』の基礎的研究――明治期地方文芸メディアの一ケースとして――

(パネラー)掛野剛史、竹本寛秋、西山康一
(司会進行)庄司達也

 本発表では、明治期に大阪で刊行された文芸誌『小天地』(金尾文淵堂)を取り上げて、その編集戦略についてこれまで調査・検討してきたことを報告する。

 小天地』は明治三三(一九〇〇)年一〇月からおそらく明治三六年一月まで、当時大阪心斎橋筋にあった金尾文淵堂が刊行した文芸誌である。この雑誌は『女性』や『苦楽』とともに「大阪刊行誌の冠たるもの」(藤田福夫)と評価されることもあるが、一方でその『小天地』から「どのような文学運動が生みだされたか、どのような作品が生みだされたかとなると、印象はぼやける」(明石利代)とも言われてきた。

 「大阪刊行誌の冠たるもの」とされる理由は、同時代に大阪で発行された文芸誌と比較してみるとよくわかる。たとえば、『よしあし草』(明治三〇年創刊、三三年に『関西文学』と改題)など当時大阪で刊行されていた雑誌といえば、ほとんどが地元の若手育成のための同人誌的なものであったのと対照的に、『小天地』は高安月郊、菊池幽芳、須藤南翠といった関西圏で活躍していた作家と同時に、巌谷小波、泉鏡花、川上眉山、与謝野鉄幹、坪内逍遥、綱島梁川、内藤湖南、小杉天外、後藤宙外、島村抱月といった東京圏でも活躍中の著名な作家をも賛助会員に据え、さらには小栗風葉、柳川春葉、国木田独歩、島崎藤村、徳田秋声、永井荷風、馬場孤蝶、正宗白鳥といった当代の流行作家たちの投稿を慫慂してもいる。その意味で、関西文壇の流れと東京文壇の流れが合流するかのような独特の誌面構成をもつ雑誌として、まさに画期的だったといえよう。

 だが、その一方で実際に掲載された文学作品を見ると、確かに東京圏の文学動向の後追いの印象が否めず、また独歩の作品を除けば現在まであまり見直されることのなかったものも多い。しかし、『小天地』という雑誌の構成・活動はそうした小説作品に限らず、もう少し多面的に見る必要があり、むしろそれこそがこの雑誌の面白さといえるかもしれない。『小天地』の内容構成としては、おおよそ小説・評論・文苑・雑録・社会・譚園・芸苑・批評・彙報となっている(号によって多少の異同はあるが)。また、これ以外にも投稿募集記事、さらに西洋美術や作家の図版・写真版も多く載せる。そうした多面的な構成・活動の中では、たとえば若き日の松崎天民を中心とした社会欄における探訪記事、あるいは薄田泣菫が中心となって編集することからくる文苑欄・彙報欄における韻文の充実、積極的な投稿募集等々、そこには戦略的とも思える多彩な展開が見て取れるのである。

 こうした編集を通して『小天地』という、明治期に地方、特に関西の地に成立した文芸メディアが、いったい何をしようとしていたのか、その戦略はいったいどのようなものだったのか――そうしたことを明らかにすることで、個々の文学作品研究に止まらない、明治期地方ジャーナリズムの一つのありようを、あるいはそれがその後のジャーナリズム全体へもたらした影響などを検討したいと考えている。

 なお、本発表は科学研究費補助金(課題番号19k00344「雑誌『小天地』(金尾文淵堂発行)の基礎的研究―明治期大阪文芸メディアの戦略分析―」)の助成を受けて行うものである。